背中ニキビの治療法2

August 23rd, 2016 adsyu2016  Uncategorized No Comments »

○背中ニキビのための薬 http://xn--ickjh6ayg2b8exa6cwa6882x.com/を治そうと思ったら、まずは治療薬を使う事を思いつきますよね。 最近では、背中のニキビに悩む人が多い事から背中ニキビ専用の治療薬も販売されています。 ニキビに良く効く成分として、「ベンゾイル過酸化物」があります。 市販のニキビ薬のほとんどに配合されていて、アクネ菌をやっつける事ができる成分です。 ところが、ごくたまにこのベンゾイル過酸化物が体質に合わない方がいらっしゃいます。 合わない薬を使用すると、患部が悪化するだけでなく大丈夫だった部分にも変化が出る場合がありますので、心配な方は皮膚の薄い腕の内側などに塗ってパッチテストを行ってください。 ベンゾイル過酸化物が肌に合っている場合は、この成分が配合された薬を使用すると良いでしょう。 ニキビの治療には効果てきめんです。 ベンゾイル過酸化物が配合されている薬は、患部の皮脂を抑え皮膚に薬剤が浸透しやすくなっています。 とは言え、やはり病院で処方される薬と比べると効き目は半減します。 すぐに治したい人や、ニキビが治っても繰り返しできてしまう人、ベンゾイル過酸化物が自分に合わないという人は皮膚科を受診することをお勧めします。 ○背中のニキビをピーリングする ピーリングは、顔に使ったりするためご存じの方も多いと思います。 スキンケアで人気が出たピーリングが、現在は背中のピーリングとしても人気があります。 ピーリングの役割は、古くなった角質を効果的に取り除くことです。 古い角質や色素が沈着した細胞がいつまでもお肌にあると、どうしてもシミになってしまいます。 ピーリングを行う事で古くなった角質や細胞が剥がれ落ちますので、ニキビ跡の予防になります。 そして、最近はケミカルピーリングと呼ばれる施術が流行っています。 ケミカルピーリングも原理は通常のピーリングと同じです。 古くなった角質をいち早く取り除き、肌のターンオーバーを正常に戻していきます。 ケミカルピーリングでは、最近とても人気があるAHA(フルーツ酸)やサリチル酸を使ってピーリングを行います。 毛穴の黒ずみやくすみもキレイになっていくととても人気があります。 ケミカルピーリングは医療行為とされていますので、施術は医師か看護師しか行いません。 危険な施術ではありませんが、施術者が医師のため安心して任せる事ができます。 ただし、他の治療と比べると少々お値段が張ります。 ピーリングは、定期的に何度もケアを行う為に意味がある為、1度だけの施術では効果を感じられないかもしれません。 また、都度払いなので、ローンを組むと言った心配もありません。 ただし、他の物やご自宅で行うセルフケアと違って痛みが身体全体に留まります。 どうしても痛いと感じる方は早めに医師にお申し出てください。


非アルコール性の脂肪肝とは

August 2nd, 2016 adsyu2016  Uncategorized No Comments »

アルコール性脂肪肝が減少している中、反対に「非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)」に注意が必要だと言われています。 非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)は糖分や脂質の量が多いバランスのとれていない食生活、または運動不足が原因で起こる内臓脂肪が増えることです。 近年では、短期間ダイエットを行った方は、体の中のたんぱく質が足りなくなり脂肪が体外に排出されにくくなって肝臓に蓄積することで発生するパターンも多くあるそうです。 非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)が恐れられる理由は、悪化すると「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」という病に進行する危険性があるからなのです。 脂肪肝の患者さんの中でも約1割程、患者数にするとおよそ100万人が、NASHに当てはまるといわれています。 NASHはここ最近関心が集まった病でもあり、脂肪肝にストレスが足されることで生じるという話もありますが、詳細な原因もまだ解らない状態で、これといった治療法も見つかっていません。 NASHは血液検査をしただけでは判断が困難な上、CT検査をしても見つからないこともあるそうです。 NASHを確定診断するには、肝臓の組織の一部分を採って検査を行う「肝生検」を行う必要があります。 NASHはその他の肝臓の病と同様に、初めのうちは自覚症状がなくわかりにくいのですが、患者さんの中で約1割程は病状が進み、数年内には肝硬変や肝臓ガンになってしまうといわれています。 NASHはアメリカではウイルス性肝炎やアルコール性肝障害の次に多い肝臓病といわれていますが、欧米型の糖分や脂っこい食事が日常化し、運動不足の方が増えている日本人も、近いうちに同じような状況になるだとうと予想されます。 肝炎と聞くと、「ウイルス性肝炎」と思いがちですが、そういった意味からNASHは「生活習慣病のその先にある肝炎」ということです。 ところで、アルコールに至っては、日本酒3合を毎日晩酌で5年間継続すると脂肪肝になるとされています。脂肪肝になってもなおもお酒を飲み続けていると、症状が悪化して慢性肝炎または肝硬変や肝臓ガンを発祥すると言われています。 続きはこちら⇒脂肪肝改善サプリ